生産管理とオンライン経営システムソフトウェア

IMG_256

概要

中国のグループ型企業は、これからますます急速に発展し、グループ、多角化、クロスリージョン、クロスモデル、および投資振替の各事業へと徐々に移行しています。グループ管理において、開発のボトルネックを取り除くためには様々な問題があります。発電分野も例外ではなく、近年、新エネルギーの開発が急速に進み、伝統的な発電は環境の圧力にさらされ、エネルギー価格の変動が大きくなり、各大手発電グループは、すべての業務と管理を強化しています。また、多くの場合には、情報化技術を利用して規範化させ、迅速に全社的な仕組みを構築します。

 

「管理」はブランチ数が多い、広範なグループ・レベルの企業管理に由来し、管理活動におけるキーポイントの制御を強調し、それは一連の組織、制度、アカウンタビリティ、フローなどの管理システムの設計に頼って、管理される企業の生産、経営、投資などの業務活動は、グループ全体の戦略で実行し制御されています。それにより企業の実行力を向上させ、企業の運営リスクを低下させます。発電企業の 「生産管理とオンライン経営」は規制体系の一部として、生産運行(生産、燃料、環境保護) と経営管理(マーケティング、財務)の業務主幹と監督管理を重点にしています。上級機関に通じている組織、アカウンタビリティ、プロセス、プラットフォームを確立することにより、当社と下級部門の生産状況と運営リスクを適時に把握して、下級部門に補助分析と戦略指導を提供することができます。 生産管理とオンライン経営システムはそれぞれの業務情報に基づいて基礎を構築し( データセンター基盤に基づいて)、情報技術をキャリアとして生産経営の管制運転を効率的でタイムリーかつ規範化させます。情報化手段を通じて企業の生産運営中に主要KPI 指標が完成したら、進度や品質の適時発見と早期警報により生産経営リスクを適時反映し、結果分析からプロセス監視までを実現します。

 

ソリューション

このソリューションは、大規模発電企業管理層、決定層、監督管理層に用い、専門的な管理、専門的協同、補助決定分析などの応用機能を提供します。

ソリューションの形成は、二つの駆動力で構成されています。: 一、グループ会社の戦略規制駆動: 「二重昇格「 作業を強化し、良い国の電気集団の三級の規制戦略を支援します; 二、グループ情報化戦略の駆動: 情報化でグループの 「2016 − 2020 深化融合情報化計画」 を実行します。 情報化サポートの全体的な規制要件(運営実績の 「可視化」、サポート戦略リソース 「簡単獲得」、支持ベースの操作 「全カバー」同種の業務に 「複製可能」 をサポートします)

設計構想は、国電電力( グループ性企業、火電気、風力発電、水力発電、太陽光発電所を含む) が企業戦略の発展に適応するために制定した情報化管理システム 「五桁一体」 です。以下を含む: 生産管理、経営管理、 環境に配慮した規制、発展規制、リスク管理。

フレームワークは次のようになります:

IMG_257

生産管理: すべての部下の企業( 火、水、風、光のタイプ) の生産と稼働状況を重視するリアルタイムの監督管理と重要なイベント追跡、生産の肝心な指標などの計画完了状況のオンライン分析や警告を出します。

経営の管理: 企業の主要な経営業績の監督管理に重点を置き、CVP

モデル(Cost-Volume-Profit 利益と販売数量 、コストの関係について行うモデル)に基づいて、発電コストをリアルタイムで計算し、月の利益の予測と利益の影響に対する重要な要素分析を行います。

環境保護の管理: 国の環境保護の要求に合わせて、 GB 13223-2011 標準を使用し、火力発電所の生産過程における環境保護のリアルタイム排出、脱硫脱硝設備のリアルタイム運転、発電所の評価基準を達成し、かつ環境保護収益に対する管理を提供します。

発展の管理: 企業の発展状況、工事建設、投資完成、融資、各種計画指標のリアルタイム追跡と監視を重視します。

リスク管理とは主に企業が生産、建設、経営の過程において、企業の全面的潜在リスクを全面的に管理及び閉ループ管理することを指します。

 

 

全体的な建設フレーム

本システムは、大手発電企業の BI 分析システムとして、一体化プラットフォームに基づいて建設しました。 システム建設は、中国の電気集団深く合わせた2016 − 2020 情報化計画( 略称 "GD 1 153") を十分に実施し、以下の図を示します。

 

IMG_258

GD: 中国国電略称;

"1" は一体化されたプラットフォームを指す: インフラストラクチャ、データ交換、データセンター、情報提示;

"1" は統一管理型アプリケーションを指し、ここでは主に監督管理とオンライン経営アプリケーションです。

"5" 5つ大業務ブロックであり、発電、石炭、科学技術、金融、物流を含みます;

"3" 三大保障体制は、管理システム、技術体系、安全体系を含みます。

インフラ: インフラストラクチャの "クラウド" 進化します

ホスト、ストレージ、ネットワークなどの IT リソースの "仮想化" および "プール化" 管理を含む既存のインフラ層を管理し、企業内のビジネス部門に "柔軟性" のあるサービスを提供します。

データ交換: 事業部門の管理データと発電所のリアルタイムデータを収集します

電力業界のデータ交換基準( IEC 61968) に基づき, 標準化インタフェースを用いて各部門の業務データと配下の発電所のリアルタイムデータをリアルタイムに収集し, データセンターに保存します;

データセンター: ビッグデータセンターで管理データとリアルタイムのデータ融合を実現します

 

電力業界標準 (IEC CIM 61970) に基づいてデータウェアハウスモデルを設計し、管理型データとリアルタイムデータのビッグデータセンターへの融合を実現します。 ビッグデータセンターには、リレーショナルデータベース、リアルタイムデータベース、 NOSQL (分散アーキテクチャに基づく) の 3 種類のデータストアが含まれています。

統合されたの規制類アプリケーション: 本番環境の管理とオンラインの経営分析を実現します。

 

データ・センターに基づいて、部門間、ビジネス全体、ブロック間にわたる高度なアプリケーション分析を構築します。 生産管理とオンライン経営は、生産管理、経営規制、環境保護規制、発展管制、リスク管理を含みます。

情報提示: 企業のポータルサイトの展示とモバイルアプリケーション

本システムのコアプレゼンテーションの内容を統一的な企業ポータルに組み込み、統一されたアイデンティティーと結合して検証し、一点の登録を実現します。 モバイル端末のバージョンのプレゼンテーションをサポートする豊富なディスプレイチャネルと組み合わせています。

 

機能アーキテクチャ

生産管理とオンライン経営システムは、大規模発電企業の支配的な核心システムとして、生産管理、オンライン経営、燃料の監督管理、環境保護の監督管理、マーケティング、ラベル管理、リスク監督管理などの機能を含み、以下の図を含む

 

IMG_259

コアコンピテンシー

IMG_260

物の連合化:

三級発電所、二級単位、グループ側にデータ収集交換ゲートウェイを統一的に配置します。 それによって発電所( ユニットまたはファン) の生産過程データをリアルタイムで収集し、管理型データの横方向のクロス部門が共有し、最終的に二級ユニットとグループデータ収集ゲートウェイを通過し、データの縦方向の貫通を実現します。

 

相互接続:

一体化プラットフォームを通じて、発電企業からの構造化データ( 発電機ユニットのメインデータ、発電評価指標、管理レポート、財務取引タイプなど)、非構造化( バッチ、方案、監視ビデオ、技術資料など) を統合することができます。 リアルタイム (DCS/ SIS システムから) のデータ、およびビッグデータセンター標準のモデルを介したデータの融合します。

 

インテリジェント化:

電力ビッグデータの上に基づいて、電力業界の業務分析モデルにより、ビッグデータプラットフォーム技術とビッグデータマイニングを結合し、発電生産管理のリスク、電力資産設備の全寿命と状態点検、火力企業のコスト曲線、風力発電企業の電気量バランス評価などを予測します。

 

お客様のメリット

本システムソフトウェアの開発と実施により、発電企業の集約化管理レベルを向上させ、企業管理をより有効にし、タイムリーで全面的かつ微細にすることで、企業の運営コストを低減し、発電所の見積決定を補助し、間接的に企業の経営利益を向上させます。

発電企業の経営管理理念を転換し、科学経営と情報化管理の観念を確立し、それによって発電企業のトップダウンの情報化管理レベルと経営裁決の合理性をさらに向上させます。

本システムは電力企業の各部門にまたがって, 専門的な分析型システムで、 データセンターの上に構築されます。 その過程において、情報化資源の "ブロック分割、重複建設、資源浪費" を避けるため、システムはすでに一体化プラットフォームデータレポジトリーを利用して各業務データを統合し、データの横方向の業務の共有と利用を実現し、 "一体化" のサービスと管理を実現します。 IT 投資コストを削減します。

 

事例

(2014 年まで) 国電電力生産経営管理システム( 総合三期工事)

(2013-2014) 国電集団の安全生産統計と分析管制システム

お問い合わせ

氏名

ポジション

会社

区域

電話

メール

説明

検証コード

提出する

郵便番号:100193

メール:contact@isoftstone.com

電話:+86 105874 9000

FAX:+86 105874 9001

Address:北京市海淀区至西北旺東路10号院東区16号楼