保険監督システム - マネーロンダリング防止報告監視システム

概要

「金融機関のマネーロンダリング防止規則」、「大規模で不審な支払取引報告書の管理措置」、および「金融機関の大規模で不審な外国為替基金取引報告書の管理措置」によって、中国のマネーロンダリング防止監視分析センターは銀行金融を保護します。当機関は、人民元および外貨の疑わしい取引データを大量に収集しており、国営商業銀行、合同商業銀行および国家郵便局の郵便貯金送金局は、大量の人民元、外貨および外貨の疑わしい取引データを中国反マネーロンダリング監視分析センターに提出し始めました。

反マネーロンダリング法および関連する補助規則を実施するために、中国反マネーロンダリング監視分析センターは、2007年2月に「大規模取引および疑わしい取引データ報告インタフェースのための仕様書(裁判)」を策定し、発行した。大量かつ不審な取引データが報告されています。

保険会社による不審な取引データ報告の問題を解決するためiSoftStoneは国内の保険業界で広く使用されているマネーロンダリング防止報告監視システムを独自に開発しました。このシステムは、人民銀行の規制要件に合わせてカスタマイズされており、システム管理、システム設定、およびデータ管理という3つの主要な機能モジュールを網羅しています。

 

特徴

疑わしい取引の数量化

不正マネーロンダリングの監視プロセスで疑わしい取引を定量化することは重要かつ複雑で、システムは疑わしい定量的方法論を使用して効果的に監視ルールを確立します。

 

データセキュリティ

保険会社の事業の特別な機密保持要件を満たすために、システムは厳格な許可管理をしています。システムを使用してユーザーのデータアクセス範囲のアクセス許可を制御し身元の確認します。

 

階層管理をサポート

上位者は下位データを照会することができ、上位者と下位レベルおよび同じレベルにはアクセスできません。

 

データ収集

システムは、コアライブラリの増分タイミングから疑わしい大量のデータを抽出し、手動の作業負荷を軽減することができます。

 

システム機能

iSoftStoneアンチマネーロンダリングレポート監視システムには、主に3つの主要機能があります。システム管理、システム設定、およびデータ管理です。

IMG_256

顧客ケース

太平生命保険株式会社

お問い合わせ

氏名

ポジション

会社

区域

電話

メール

説明

検証コード

提出する

郵便番号:〒101-003

E-mail:HR@isoftstone.jp

TEL: 03-5823-4068

FAX:03-5829-6574

Address:東京都千代田区東神田1-4-1 K&S FIELDビル5階 (地図)