iSoftStone劉天文:初心に固執し、変化を受け入れる

時間は飛ぶよう、iSoftStoneの発展から約20年が経過した。その間、技術自身は繰り返され続け、業界はいくつかの変化を遂げていて、iSoftStoneは数十人で始まり、現在70,000人以上の従業員がいて、現在、サービスする顧客の数も、単一の顧客から、10を超える重要な業界分野の1,000を超える国内外の顧客にまで及ぶ。この過程では、会社の開発戦略、目標、および組織構造は、さまざまな段階でさまざまな見方を示しているが、信念が変わらない。これは、iSoftStoneの継続的な改善の源であり、iSoftStoneの精神であり、中国の情報技術サービス産業を世界最高のランク付けるという初心である。


iSoftStoneの長期主義

アマゾンの創設者兼CEOのジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)は、最新のエッセイ集「発明とワンダー」(Invent and Wander)で、長期主義と短期主義の違いは、ミッション主導型と利益主導型(Missionary vs. Mercenary)の違いであると提案した宣教師対傭兵。 人と会社の評価は、彼らが宣教師の使命を貫いているかどうか、あるいは傭兵のように迅速にお金を稼ぐことをいとわないかどうかに依存する。 同様に、今年、ヒルハウスキャピタルの創設者兼最高経営責任者である張磊は、彼の最初の著書「価値」で彼の成功を長期主義に帰し、長期的な価値を生み出すことができるものに時間と信念を置き、最も効率的な考え方と行動基準を学ぶよう、第一原理に従い、常に真実を追求している。


それぞれの分野で大きな成功を収めた2人の業界リーダーが、長期主義の理解はほぼ同じである。「長期主義の勝利は結果だけでなく、長期に焦点を当て、社会や他の人々のために一生懸命に最も有益な価値を創造すること。」。

 

では、iSoftStoneの「長期主義」とは何でしょうか?

「お客様中心、究極の情報技術サービスを実現する」が私たちの長期主義理念である。 究極のサービスの中核は、顧客中心である。つまり、特に顧客のビジネスや組織において、顧客の視点から考え、顧客のニーズと痛み点を真に理解して認識し、より適切なソリューションとより良い品質を使用し、これらのニーズを満たすことである。顧客中心であるためには、継続的な開発の理念も必要である。私たちは、顧客の現在のニーズを満たすだけでなく、顧客が短期的な利益を得るのを支援する必要があるし、さらに、私たちはお客様と協力し、お客様の中長期的な開発計画と使命およびビジョンに基づいてお客様に力を与えることができなければならない。長期的な目標を達成し、商業的成功を達成し続けるために、それを前進させ続ける。

レジリエンスサービスシステムを作成し変革を迎える

長期主義の成功を確実にするために、会社戦略の対応と護衛をしなければならなく、会社戦略の指導の下で、技術、組織、サービス、文化、人材などの要素をめぐる急速な変化と激しい競争に適応できる、強力で革新的で創造的なレジリエンスサービスシステムを構築する必要がある。これに対して、iSoftStoneは従来ルールに固執し現状を満足していることをしない。外部環境から見ると、私たちはいわゆる「VUCA」の時代にいる。危機と機会が共存し、volatility(不安定さ)、uncertainty(不確実性)、complexity(複雑さ)、ambiguity(曖昧さの時代である。一方で、世界はコロナの危機に巻き込まれ、脱出するのは困難状態で、多くの産業が大きな影響を受け、企業が閉鎖され、失業が増加し、経済が衰退した。他の一方、デジタル経済は力強く発展しており、経済変革や企業変革への需要は強く、これまでにない歴史的な機会を生み出している。しかし、デジタル経済とデジタル産業の発展は両刃の剣で、「私に従う者は繁栄し、私に反対する者は滅びる」ということである。 コロナの危機を乗り切ることができるかどうか、デジタルデバイドを埋めることができるかどうかは、多くの企業の存続を決定する。これが私たちが直面している環境であるので、我々の構築するサービスシステムは、回復力があり、後方に柔軟であり(従来の経済、従来の産業)、前方に伸縮可能(デジタル経済、デジタル産業)であり、変化の対応でき成長を続けなければならないことを決めた。

 

 

このために、iSoftStoneは、戦略、事業、組織、技術、運用などのさまざまな側面から調整と改善を続けている。

戦略面では、会社のを策定した新しい中長期的な開発目標:会社の位置付け、使命、ビジョン、コアバリューを再編成し、デジタル変革に関するコア戦略を明確し、7つの具体的で実行可能なビジネス戦略に分解して、これらの戦略の指導の下で、会社はすぐに新しいレベルに上がると信じている。

事業面では、中核事業に注力し、事業の境界を明確にし、差別化された優位性を形成することに重点を置いている。 発展の過程で、同社はソフトウェアとデジタル技術サービスとデジタル運用サービスの2つのコアビジネスセグメントに事業を統合した。優れたリソースに焦点を当てて共同力を形成し、迅速に対応して、顧客に多様性とフルスタックサービス、および顧客と綿密な戦略的パートナーシップを確立し、より大きくより強力となるのを実現する

組織面では、部門の壁を打ち破り、組織間の協調を重視する。 企業内部の顧客と能力の統合を通じて、組織間のリソース共有を実現する。 同時に、地域および都市の管理システムをさらに強化し、グループの地域の販売、サービスおよび管理能力を向上させ、事業部門の効率の向上を支援する。

技術面では、同社は技術研究開発システムを再編成および改善し、イノベーションを強調し、エコシステムを構築し、新しいデジタル技術に基づいて独立した知的財産権を持つ製品、プラットフォーム、およびソリューションを構築した。

運用面では、同社はデジタル構築を積極的に推進し、コストを削減して効率を高め、顧客と従業員の体験を包括的に改善して、iSoftStoneのサービスをより速く、より柔軟で、よりスケーラブルで、よりパーソナライズされ、より人間化にする。

最後に、この機会を利用して、iSoftStoneの新しい会社のビジョンを共有したいと思う-グローバルな影響力を持つデジタル技術サービスのリーディング企業となる。世界のトップ500企業の中には多くの情報技術サービス企業があるが、いずれも中国企業ではない。デジタルエコノミー企業のトップ100には、情報技術サービス企業が十数社があり、いずれも中国企業ではない。これは一種の悲しみですが、それは私たちが前進する動機の源である。デジタル技術の発展によってもたらされた大きな歴史的機会に直面して、私たちが初心に固執し、絶えず自分自身を突破する限り、私たちは確実に勝利の海岸に航海することができると確信している。


お問い合わせ

名前

役職

会社

地域

電話

Eメール

説明

認証コード

送信

郵便番号:100193

Eメール:contact@isoftstone.com

電話:+86 105874 9000

FAX:+86 105874 9001

アドレス:北京市海淀区北西旺東路10号東区16号館