マイクロソフト、アドビ、iSoftStone合同シンポジウム:デジタル運営が企業にビジネス価値を創造させる

インターネット、人工知能、ビッグデータなどの技術開発と、新しい「アグレッサー」の出現により、デジタル変革は、生き残るための唯一の方法として多くの企業から見なされてきた。小売および消費品業界にとって、「データによって駆動され、消費者の体験を中心とした」デジタル運用システムを構築することは、デジタル変革とビジネス価値の向上の鍵である。

11月20日、iSoftStoneはMicrosoftおよびAdobeと協力して、広州で「新しいアイデアMix新技術-デジタル運用が企業のビジネス価値を創造する」というテーマのセミナーを開催した。iSoftStoneは、中国の主要なソフトウェアおよび情報技術サービスプロバイダーであり、デジタルエコノミーのイネーブラーであり、企業デジタルト変革の信頼できるパートナーとして、MicrosoftやAdobeなどの多くの有名メーカーと長年にわたって長期の協力関係を築いてきて、グローバルな小売および消費品企業に「コンサルティング+開発+運用」のワンストップソリューションとエンドツーエンドサービスを提供する。このセミナーは、それぞれの強みを生かした三者が共同で生み出した素晴らしい業界交流と衝突でもある。

セミナーでは、業界で有名なデジタルトランスフォーメーションやコーポレートガバナンスの研究者、マイクロソフトのチーフテクニカルコンサルタント、アドビのシニアソリューションコンサルタント、中国企業の国際化のパイオニアであるTCLのデジタルマーケティングの専門家など、強力なスピーカーのラインナップが招待された。 このイベントには、チャイナユニコム、アムウェイ、エイボン、TCLなどの企業から40人以上のITおよび企業経営者が集まった。

このイベントのハイライトの1つは、収益の成長、経費管理、従業員のステータスなどのビジネス目標に基づいて、企業CEOの観点から「デジタル変革」自体から飛び出し、デジタルト変革とは何か、企業がデジタル変革を実現する方法について話し合うことである。関連する調査データによると、デジタル変革が企業にもたらす可能性のある収益の増加は、直接的な5%の収益の増加に加えて、NPSの20%の増加、および290億米ドルに相当する新しい市場機会もある。これにより、多くの企業は、企業戦略、顧客体験、企業データ、企業運営、人的資源運営の5つの側面からデジタル変革を実行し、最終的には巨大なビジネス価値を生み出すようになった。

マイクロソフトとアドビの2人の上級コンサルタントがそれぞれ、スマートリテールおよびデジタルエクスペリエンス主導型ビジネスの観点から、関連分野の最新事例、経験、技術、および製品ソリューションについて話し合い、分析した。TCLエレクトロニクス海外ビジネスセンターのマーケティング部門のデジタルマーケティングマネージャーは、さらに、彼自身のデジタル変革の実践に基づいて、1981年の19年間の国際化の探求でTCLが遭遇した海外マーケティングと公式ウェブサイトのボトルネックを共有し、ついにiSoftStoneによって計画および実装された(Adobe)AEM +(Microsoft)Dynamic365ソリューションの使用して、海外公式ウェブサイトのコンテンツ形成効率改善、顧客体験の洗練された運用と保守、グローバルなマルチサイト統合管理と保守、簡単な運用、整然とした強力な技術サポートなど他の複数目標を実現した。次のフェーズでは、TCLは引き続きiSoftStone、Microsoft、Adobeと協力して、データ分析などのデジタルマーケティングツールプラットフォームを導入し、マーケティングの自動化と多面的なマーケティング体験を実現する。

セミナーは素晴らしく、多くの参加者から、セミナーの質は非常に高いとの意見が寄せられた。最先端の企業デジタルビジネスモデルの理念、最新のデジタル技術と製品だけでなく、実用的なソリューションと実際の事例の共有もあった。

iSoftStoneのバイスプレジデントである黄暁蓮氏は、世界中の企業が現在デジタル化を模索し、迅速に推奨していると述べた。iSoftStoneは、デジタルコンサルティング、開発、運用の豊富な経験を持ち、国内外の1,000を超える顧客に高品質のサービスを提供してきた。 将来的には、iSoftStoneは、マイクロソフトやアドビなどのエコロジカルパートナーと協力して、より多くの消費品企業がデジタル化を使用してより大きなビジネス価値を生み出すのを支援していく。


お問い合わせ

名前

役職

会社

地域

電話

Eメール

説明

認証コード

送信

郵便番号:100193

Eメール:contact@isoftstone.com

電話:+86 105874 9000

FAX:+86 105874 9001

アドレス:北京市海淀区北西旺東路10号東区16号館