融資賃貸解決策

概要

融資賃貸とは、資産の所有権に関連するリスクと報酬の賃貸を移転し、資産の所有権が移転されても、移行されていなくてもかまいません。2015年、李克強首相は国務院理事会の議長を務め、実体経済へのサービスを向上させるための融資賃貸および金融賃貸業界の発展を加速するための方策を決定しました。同会議は、融資賃貸金融賃貸の発展を加速させること、資金調達と資金調達の困難さを軽減し、企業設備への投資を促進し、産業改善を促進するのに資する財務改革を深めるための重要な手段であると指摘しました。この措置は、融資賃貸業界の発展を効果的に促進し、さらに融資賃貸業界の情報化を促進しました。

現時点では、社会による融資賃貸の全体的な意識が大幅に向上しており、市場の可能性は巨大です。先進国では融資賃貸が「銀行融資に次いで2番目に大きな資金調達方法」となり、中国では融資賃貸は規制当局が「多段階金融市場システム」を構築するための重要な手段であり、国内企業は多額の固定資産投資を行いました。融資賃貸は、金融会社にとって非常に大きなチャンスになります。

現在、市場の主要な融資賃貸会社は、4つのカテゴリーに分類することができます。それは金融賃貸会社、金融会社、オペレーティングリース会社、および信託会社です。

 

融資賃貸業務からの収入の分析

1.主業を支える

会社が新しい機器を購入するのを支援し会社の技術革新をスピードアップし、財務諸表を改善し、そして返済圧力を軽減するのを支援するための新しい融資ツールを提供します。

グループ会社の製品販売の促進のために、グループ外のお客様に融資賃貸サービスを提供します。

2.財務構造を最適化

メンバーユニットがオフバランスシートの資金調達を達成し、財務構造と指標を改善し、そして効果的な財務管理を達成します。

税務徴収についてはある程度の譲歩があります。

3.金融商品の充実

金融商品ラインを充実させ、会員単位により多くの経済的支援を提供します。

それはグループ製品の宣伝に有益な効果をもたらします。

4、リスクの低減

資金の明確な投資と使用、情報の非対称性の軽減

資産の権利は、金融会社のものであり、業務リスクが大幅に減少します。

 

融資賃貸業務プロセス

融資賃貸業務の一般的なプロセスには、貸付前管理(与信管理、申込契約、徴収および貸付)、貸付管理(賃金管理、資金管理)、貸付後管理、および顧客管理が含まれます。

IMG_256

 

融資賃貸解決策システムのアーキテクチャ

iSoftStoneの融資賃貸解決策システムの最下層は、業界をリードするSOAアーキテクチャを採用して、企業サービスを介したサービスの統合とプロセスを実現します。また、標準的なインタフェースにより、業務システムはオンデマンドで達成されます。

IMG_257

 

情報システムは完全な業務の流れをカバーします

iSoftStoneの融資賃貸解決策システムは、お客様にカスタマイズされた製品開発サービスを提供し、事前予測、工程内管理、および事後分析を行って情報リスクの監視を行い、業務全体でライフサイクルとフルバリューチェーンの情報サービスを実現します。

IMG_258

 

導入されたお客様

ø極東賃貸会社

ø国機金融会社

ø西電金融会社

お問い合わせ

氏名

ポジション

会社

区域

電話

メール

説明

検証コード

提出する

郵便番号:〒101-003

E-mail:HR@isoftstone.jp

TEL: 03-5823-4068

FAX:03-5829-6574

Address:東京都千代田区東神田1-4-1 K&S FIELDビル5階 (地図)