金融会社のIFDAPデータ分析プラットフォーム解決策

概要

金融会社の意思決定分析システムは、2セットのフレームワーク(BI技術フレームワーク、略称UBTF;金融会社の財務データウェアハウスボックス、略称FDWF)及び3つのプラットフォーム(金融会社のデータ分析応用プラットフォーム、略称FDAP;金融会社の資金を監視するプラットフォーム、略称FMDP;データ構成管理プラットフォーム、略称UDCP)で構成されています。iSoftStoneは、金融業界で長年にわたって蓄積された業界ノウハウがあります。業界分析、財務分析、経営分析、資本分析を中心とした意思決定分析およびリスク管理の統合インテリジェントプラットフォームを構築し、会社、金融機関の資金決済、金融サービス、金融コンサルティングなどにおける業務で総合的な意思決定支援とリスク管理を提供します。

 

製品機能

IMG_256

システム全体のフレームワークは、データソース、データ採取および交換プラットフォーム、データベース、データ配置管理プラットフォーム、データアプリケーションプラットフォームなどで構成され、ポータルサイトやモバイル端末によってアクセスできます。

 

製品の特徴

1.製品の統合

この製品は、2つのフレームワークと3つのプラットフォームを介して金融会社の業界アプリケーションをインスタンス化し、業務ソリューション、応用ソリューション、データソリューション、技術ソリューショ1つに統合しています。これにより、分析と応用、管理決定、レポート管理、データ統合、データ監視、システムセキュリティ、統合金融会社業界のデータ分析製品を形成しています。

 

2、製品のコンポーネント化

この製品は、ユーザーの情報構築段階のさまざまなニーズに応じて、コンポーネントの形で販売することができます。

 

3.マルチレポート製品をサポートする技術フレームワークプラットフォーム

4.履歴データを分析し、将来の状況をシミュレーションし、リアルタイムで業務データ監視の金融科目データベース。

5. 4層データアーキテクチャを採用したデータセンターフレームワーク

6、階層化応用の分析プラットフォーム

7、データ管理プラットフォーム

 

製品応用プラットフォーム

製品応用プラットフォームには、主題分析、業務分析、財務分析、資金分析、リスク分析、予算分析、業績分析、管理分析、レポートセンター、意思決定評価レポートなど9つのモジュールがあります。モジュール間の関係は次のとおりです:業務分析は、金融会社の業務全般を対象に行います;財政分析は、事業および財務結果に焦点を合わせます;資金分析は資本動向に焦点を合わせ、業務展望をシミュレーションします;リスク分析は業務分析、財務分析及び資金分析の結果を基盤としてリスクを分析し、意思決定支援します;予算分析は、予算執行に焦点を当て、意思決定層の予算最適化に定量的な情報を提供します;業績分析は、業績分析、財務分析および資金分析に基づい指標の完成状况を観察します;管理分析、マネージャの決定を支援します;意思決定評価過去のデータに基づ決定をするための分析レポートを提供します。

IMG_257

 

IMG_258

 

IMG_259

 

IMG_260

 

IMG_261

 

IMG_262

 

導入されたお客様

国家電力財務有限会社

中国東方電気網集団会社

中国南方電力網集団会社

国家電力電力網

中国交通金融会社

通用金融会社

中国石油金融会社

中国大唐集団金融会社

 

お問い合わせ

氏名

ポジション

会社

区域

電話

メール

説明

検証コード

提出する

郵便番号:〒101-003

E-mail:HR@isoftstone.jp

TEL: 03-5823-4068

FAX:03-5829-6574

Address:東京都千代田区東神田1-4-1 K&S FIELDビル5階 (地図)